05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

しえるん堂

しえるん・・・それはデレのないヤンデレ。。。

虹の橋のたもとで 

むこうはどんな所なんだろうね?
無事に着いたら 便りでも欲しいよ

扉を開いて 彼方へと向かうあなたへ
この歌声と祈りが 届けばいいなぁ

雲ひとつないような 抜けるほど晴天の今日は
悲しいくらいに お別れ日和で

ありふれた人生を 紅く色付ける様な
たおやかな恋でした たおやかな恋でした
さよなら

またいつの日にか 出会えると信じられたら
これからの日々も 変わらずやり過ごせるね

扉が閉まれば このまま離ればなれだ
あなたの煙は 雲となり雨になるよ

ありふれた人生を 紅く色付ける様な
たおやかな恋でした たおやかな恋でした
さよなら


小林オニキス サイハテ より


ツイッターでも呟きましたが、
今日9月9日早朝、
実家で飼っていた犬(アメリカンコッカースパニエル)が他界しました。

今年の初めにお腹にあった腫瘍を摘出して、
この夏の暑さも何とか乗り切って、
これから秋になって元気になれるねと思った矢先の、
急逝でした。

享年は12歳、
アメリカンコッカースパニエルの平均寿命は12~15歳ですので、
決して長生きをしたわけではありませんが、
短命だったわけでもなかったと思います。

彼(雄犬でしたので)は私にとって、
手のかかる弟であり、優しい兄でした。

当然のことですが、私と彼は言葉を交わすことはできませんでしたが、
彼からいつもたくさんの元気を分けてもらいました。
つらい時や、悲しい時に・・・。

でも、もう彼から元気を分けてもらうことはできません。
こんなにもつらく悲しい時なのに・・・。

彼の表情はとても穏やかでした。
遠くから見たらまるで寝ているかのようでした。
それから想像するに苦しまずに逝ったのでしょう。
それがせめてもの救いです。

今まで、ありがとう、そしてさようなら。。。

今度の日曜からブログを再開すると前の記事で書きましたが、
暫くの間、ブログの更新をお休みさせていただきます。
でも、いつでもブログを再開できるように、
ROやTERAにログインできた時にはなるべくSSを撮っておきます。

追記
タイトルで使用した「虹の橋」についてはウィキペディアのこちらの記事をご参照ください。
スポンサーサイト

Posted on 2011/09/09 Fri. 18:28 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 2

09

コメント

 

俺も高校の頃からずっと一緒だったインコがついこの前他界してしまって、
かなり落ち込みました。

今でも時折思い出して、ぼんやりしている事があります。
恥ずかしながら、気づかない内に頬が濡れている事もあります。


長年一緒だったから、部屋の何処まで飛んでいいとか分かっていたし、
家族の誰かが帰宅すると鳴いて迎えてくれる、本当に可愛いヤツ。

心が通じ合っているとさえ感じていました。


徐々に弱り、翼を痛め、飛べなくなっても、俺の方へ飛び込んでくるそいつは、
俺がうたた寝した僅か数十分の間に飛び去っていきました。


看取ってやれなかったのが本当に悔しかったんですが、

もしかしたら、家族に心配かけないようにと、
最後に見せる姿は元気な姿でありたいからと、

そう思って、飛び立つタイミングを考えていたのかもしれないですね。


俺は、動物と心を通わせる事は、本気で可能だと思っています。
彼らを家族と呼ぶ人達の気持ちもわかります。

今、こう考える事が出来るのは、可愛い俺の家族のおかげです。


しえるんさんも、きっとその子と心を通わせていたんでしょうね。
あたたかい日常が目に浮かぶようです。

虹の橋のたもとで、
それぞれの家族が仲良くしている事を、心から願ってます。

URL | タビト #OVtA6OIQ | 2011/09/12 05:08 | edit

 

▼タビトさん
コメントありがとうございます。
今は悲しいだけですが、
いつの日か良い思い出になると信じています。

URL | しえるん #mQop/nM. | 2011/09/14 18:30 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://duciel.blog85.fc2.com/tb.php/477-02670c2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list