06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

しえるん堂

しえるん・・・それはデレのないヤンデレ。。。

アジムステップで拗らせて 

■エオルゼア紀行

170711-01.png
私はミコッテをやめたぞ!ジョジョーーッ!!

はい、しえるんです。ヾ(*'ヮ'*)ノ
紅蓮のリベレーターのメインストーリーで、アジムステップという地を訪れるのですが、
そこで、アウラ熱を拗らせた!!(`・ω・´)

と言う訳で、幻想薬を使ってアウラ・ゼラになりましたー!!(*´꒳`*)
その姿が↑のSSです。

170711-02.png
そして、帽子を取った姿がこちらです。(*´꒳`*)
髪の色もピンクにして、
うん、これから私はあざといキャラでいく!!( ・ㅂ・)و ̑̑

アウラ可愛いー(*´꒳`*)
アジムステップはいいところですよー。
と言う訳で近況でした。
また次の更新でお会いしましょう!!ヾ(*'ヮ'*)ノ

寝込んでばかりいないで、体調も良くしないとね。。。_(:﹃ 」∠ )_
スポンサーサイト

Posted on 2017/07/11 Tue. 12:01 [edit]

category: FFXIV

TB: 0    CM: 3

11

しえるん死んでるん 

■エオルゼア紀行

170708-01.png
ちゃす!!ヾ(*'ヮ'*)ノ
もう夏が来たみたいに暑いです。でも、まだ梅雨みたいでジメジメします。,,Ծ‸Ծ,,
体調管理が難しい時期です。皆さん如何お過ごしでしょうか。

さて、エオルゼアでの出来事ですが、
メインジョブである吟遊詩人のレベルが70になりましたー!!ヾ(*'ヮ'*)ノ
やっとカンストです。(`・ω・´)
ジョブクエストも終わらせて、AF3もゲット!!
早速着てみたのが↑のSSです。
詩人AF3可愛いですー。(*´꒳`*)
これを着たいがために詩人育成頑張りました!!( ・ㅂ・)و ̑̑
まぁ、まだメインストーリーは終わってないんですけどね(ノ∀`)
しえるん 詩人 70 ギラバニアの空はまだ飛べない。。。
パッチ4.0 紅蓮のリベレーターはまだしばらくは楽しめそうです。。。
嫌味とかではなく、紅蓮のメインは面白いですけどね。(ノ´ヮ`*)


■しえるん死んでるん

季節の変わり目と言うか、梅雨の時期に弱い私。
今年も絶賛体調不良です!!(:D)| ̄|_
特に夜になると症状が悪化して、
FF14にもログインできなく寝込んでいます。。。_(:﹃ 」∠ )_
朝昼はまだマシなんですけどね。。。
在宅労働者の特権と言うか、何と言うかわかりませんが、
勤務前や仕事の合間に、ちょこちょこっとFF14にログインしているので、
まったく14に触れていないわけではありませんが、
時間帯が時間帯だけに、
中断の難しい、ムービーやイベントが入ったりするメインストーリーには手を触れず、
すぐにいつでも切り上げられる、デイリーモブハンや蛮族クエを主にやっています。
FCのマスターとオメガ行く約束しているから、早くメインも終わらせたいんですけどね。。。,,Ծ‸Ծ,,
もうしばらくして気候が安定してきたら、
体調も良くなると思いますので、そうしたらまた夜にもインできるようになると思います。
それまで、私のこと忘れないでね!!(>_<)

という近況でした。

Posted on 2017/07/08 Sat. 09:09 [edit]

category: FFXIV

TB: 0    CM: 0

08

1週間たって 

■エオルゼア紀行

170625-01.png
ちゃす!!ヾ(*'ヮ'*)ノ
パッチ4.0 紅蓮のリベレーターが始まって1週間たちました。
アーリーアクセス開始時の頃のログイン戦争やインスタンス鯖の不安定さも、だいぶおさまり、
ゲーム内も少し落ち着いてきた感じです。

紅蓮のリベレーター、面白いです!!(*´꒳`*)
メインストーリーも止め時が分からなかったり
新ジョブの侍、赤魔も楽しく
新しく実装された街、ひんがしの国のクガネ、ここもかなりイイ感じです。

アーリーアクセス開始時に4.0を始めた私ですが、
持ち前の、のんびり屋が本領発揮し、
フレの方やFCメンにストーリーの進行具合がどんどん抜かされていきました。
まぁ、いいや私はのんびり楽しもう(*´꒳`*)

今はメイン職の詩人がレベル65、4.0のID二つと蛮神戦一つ終わらせたあたりです。
オメガ実装までにメインクエスト終わるのかしら?(; ・`д・´)

というわけで近況報告でした。ヾ(*'ヮ'*)ノ

Posted on 2017/06/25 Sun. 21:34 [edit]

category: FFXIV

TB: 0    CM: 0

25

きみの傷とぼくらの絆 

ちゃす!!ヾ(*'ヮ'*)ノ
いよいよ明日(6/16)、パッチ4.0のアーリーアクセスが始まりますね!!
という訳で今じゃすとなうの6月15日21時23分現在は
FF14はパッチ4.0実装に伴う24時間メンテ中(6/16 18:00終了予定)です。
高まってきますね!!(; ・`д・´)

今回のしえるん堂は先日6月9日に発売されたFF14のライトノベル、
『ファイナルファンタジーXIV きみの傷とぼくらの絆 ~ON(THE NOVEL)LINE~』の私の感想を、
ちょこっと書いておこうかなと思っています。
慣れない感想文ですのでいつも以上に拙い文章になりそうですが、
お付き合いいただけると、嬉しいです(*´꒳`*)

ファイナルファンタジーXIV きみの傷とぼくらの絆
それではネタバレなしの感想を・・・。
物語は、主人公の男の子がヒロインの女の子に出会ったことで始まる、
いわゆる、ボーイ・ミーツ・ガールなストーリーです。
イイですね!ボーイ・ミーツ・ガール!!
ライトノベルの王道ですが私は大好きです。

物語は仮想世界(ゲーム)と現実世界(リアル)が、
リンクしあって進んでいきます。
イメージ的にはエオルゼアパートとリアルパートで進行していった、
ドラマ版の「光のお父さん」に近い感じです。

著者の藤原 祐先生、イラスト担当のいとうのいぢ先生のお二人は、
現役の光の戦士だけあって、エオルゼアの描写も丁寧に表現されていますが、
藤原 祐先生もあとがきで記していますが、
FF14プレイヤーでない方でも楽しめる内容になっています。
もちろんFF14プレイ経験があれば場面場面の情景を想像しやすいですが、、、
例えばコスタのワイン拾いとかね、私はトランキルで卵拾い派でしたが。関係ないですね。。。
でも、本編で登場する14用語にも漢字が充てられていて、
なんとなく意味は分かると思います。

テンポよく進む物語にグイグイ引き込まれて、
クライマックスではちょっとホロリとしてしまう場面も
読後も後味の悪い嫌な思いをすることなく
イイお話だったなぁと感じました。
ラノベは久しぶりに読んだけど面白かったです。

ファイナルファンタジーXIV きみの傷とぼくらの絆口絵
あと一昔前のオタクとしては、
いとうのいぢ先生の描かれる美麗なイラストに大興奮です。

続編が出たら、ぜひ買いたいと思う作品でした。

最後に本作品のあらすじを

 強引な従姉によって始めさせられたゲームで、僕はひとりの冒険者と出会う。彼女は可愛らしい猫耳の少女であり、親切で頼りになる先達であり、明るく魅力的な性格であり、けれど、ゲームの外では――療養所のベッドでノートパソコンを抱える、暗く沈んだ目をした女の子だった。
 ゲームとリアルにおける、二度の出会い。
 彼女の傷はリアルから始まりゲームへも影を落としている。
 一方、僕らの絆はゲームから始まってリアルへ繋がっていく。
 彼女がゲームの中で見せてくれた笑顔は決して嘘なんかじゃない。彼女は蒼天の空の下、孤独に新生を待っていたのだ。
 だから僕は灰色の病室で、彼女の背を押そうと思う――ゲームの中で彼女が、僕の背を押してくれたように。

Posted on 2017/06/15 Thu. 21:56 [edit]

category: FFXIV

TB: 0    CM: 2

15

8って横に倒すと∞で素敵じゃんヾ(*'ヮ'*)ノ 

170520-01.png
Merry「こんにちは、ブログ『しえるん堂』の管理人しえるんのエオルゼアでの姿メリーです。え?いつものしえるん堂と始まり方が違うですって?」

170520-02.png
M「そう、今日2017年5月20日はしえるん堂開設8周年記念日なんです!!ですので、ちょっと雰囲気を変えてみました。」

170520-03.png
Alice「でも、どうして5周年でも10周年でもなく8周年なんですかー?」

M「それはですね、8という数字を見てください。こう横に倒してみると∞(無限大)。そう無限大の力(インフィニティパワー)!!なんですよ。何だか素敵じゃないですか。」

170520-04.png
Grace「また意味のわからないことを言って・・・。どうせ5周年の時はやり忘れた。10周年の時はその時までブログを続けているかどうかわからない。とか言うことなんでしょ?」

M「はい、おっしゃる通りです。クリティカルヒットです。でも、8周年ですよ!それなりに凄い事じゃないですか!?」

G「毎日更新していたならまだしも、ここ数年は、月に1・2回更新しているだけじゃない。」

A「でも2009年の10月は毎日更新していたんだねー。」

M「そうそう、私も見て自分の事ながら驚いた。もうそんなことできないよねー。若くもないし。」

G「若くないって、しえるんって歳いくつよ?」

170520-05.png
M「永遠の20歳(カンスト)です!!」

A「カテゴリー別に見てみると、RO(ラグナロクオンライン)の記事が492件で一番多いんだねー。」

M「まぁ、プレイしていた時間が、今まで私のやってきたゲームの中で、桁外れに長いからね。ブログを始める前にもやっていたし。」

G「前回の記事がROの話題というか、ROの思い出話だったのも、今回の記事がこういう話題だったからなの?」

M「それもありますねー。でも、FF14ネタがパッチ4.0実装前で特に無かったことも事実。」

170520-06.png
A「紅蓮のリベレーター楽しみだねー。」

M「うんうん。今日からちょうど1か月後にリリースですよね。早く来い来い6月20日!私、アーリーアクセスの権利持ってるから正確に言うと6月16日!!」

G「ブログの話に戻すけど、一応8年やってきて、何か感想はないの?」

M「『一応』なんですね。。。厳しいなぁー。。。うーん、感想になるかどうかわからないけど、8年って意外と早かったなぁっていうのが私の感想かな。確かに毎日更新していたわけでもないけど、飽きっぽい私が続けられたのも自分の事ながらすごいと思う。」

A「ブログをやっていて嬉しかったことは何?」

M「やっぱり友人や知り合いが増えたことでしょうか。ゲーム内で「ブログ見たよ」とかブログの感想を言ってもらうと嬉しいですし。RO時代にはプレイしてるサーバが違う友達もできましたしね。そういう出会いのきっかけになった事はやっぱり嬉しいです。」

G「最近では、ブログ経由よりツイッター経由のフレや知り合いの方が多いけどね。」

M「そうですね。FF14を例に挙げるとしたらツイッターを経由して、光の戦士の方々に出会えたことが大きいですね。この出会いがなければ、今みたいにたくさんのフレの方々にも出会えなかったと思います。でも、そのツイッターもこのブログをやっていなかったら、たぶん始めていなかったと思うので、ある意味、このしえるん堂がきっかけになっていたのかもしれませんね。」

A「じゃあ、逆に悲しかったことは?」

M「それはですね!!やっぱりブログの記事に対してコメントが付かないことです!!ほら見て、コメントが約半年で2件なんです!!しかも、そのうち1件は私の返信!!あまりにもコメントがつかないものだから、このブログって誰にも読まれてないのかな?とか、もうやめちゃおうかなって思うことがしばしばあるんですよー!!」

170520-07.png
G「こら!コメントを強要しない!」

M「まぁ、毒にも薬にもならない、チラシの裏なブログだってことはわかってはいるんですけどね。。。」

A「最後に今後の抱負とかってあるの?」

M「抱負ですか、やっぱりここまで来たら10周年を目指したいって事かな?毎日更新することはたぶん無理だけど、無理をしないペースで更新を続けていけたらイイなぁと思います。」


170520-08.png
M「拙い文章、中身のない内容、いろいろ欠点だらけの当ブログですが、今後ともこのしえるん堂をよろしくお願いします。そして、ぎぶみーコメント!!」

170520-09.png
G「結局それなのね。。。」

170520-10.png
A「お後がよろしいようで。」


170520-11.png
と言うわけで、しえるん堂は今日で8周年を迎えましたー!!(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ
8年です。。。
長かったようで、あっというまでした。
本編でMerryに言わせてますが、
今は、こんなゆるい感じで10周年を目指せたら良いなぁーって感じです。(´ヮ`*)
8年です。。。
私も8つ歳を重ねたと言いたいところですが、
私は、20歳で年齢はカンストしているので関係ないぷー(゜ω゜)
なんて馬鹿なことばかり言ってますが、
今後ともしえるん堂をよろしくお願いします(*´꒳`*)




■ムービーで振り返るファイナルファンタジー14


1.x ファイナルファンタジーXIV
神々に愛された地エオルゼアに、冒険者たちが集まる。

* ガレマール帝国軍とドラゴン族の戦いである銀泪湖上空戦の様子は今見ても迫力があります。


2.x 新生エオルゼア
決戦の時来る。
カルテノー平原でエオルゼア同盟軍は帝国軍第VII軍団残党軍と衝突する。
冒険者の手によって倒された第VII軍団軍団長の月の衛星ダラガブをエオルゼアの地に落とすという『メテオ計劃』を阻止するために。。。
冒険者たちの勇戦むなしく、ダラガブは地に落ち、封印されていた蛮神は復活する。
それは時代の終焉『第七霊災』であった。
そして第七霊災から5年。世界は終焉を迎えていなかった。冒険者たちの新たなる旅立ちの時が来た。

* FF14で一番有名なムービー「時代の終焉」に、新たなる時代を迎えたエオルゼアの世界を描いたムービーを加えた作品です。


3.x 蒼天のイシュガルド
冒険者は英雄になった。
しかし砂都ウルダハでの謀略によって、多くのものを失ってしまう。
流れついた地は、北方の国イシュガルド。
そこはドラゴン族との千年戦争『竜詩戦争』が今も続く地であった。

* 2.xのネタバレがあるので注意!!


4.x 紅蓮のリベレーター
冒険者は東を目指す。
そこはエオルゼアでありながら、帝国に支配された国アラミゴ。
そして、冒険者たちはエオルゼアの地を離れ、さらなる東の地を目指す。

* モンクは泣いていい;; 冗談は置いて、紅蓮のリベレーター楽しみ(*´꒳`*)




■過密鯖鎖国!?

170520-12.png
恐れていたことが!(゚Д゚;)
FF14で人口の多い鯖いわゆる過密鯖で、新キャラクターの作成と過密鯖への鯖移動ができなくなってしまいました。
この過密鯖には私が遊んでいるバハムート鯖も含まれています。(くわしくはこちらを参照)
もし、バハムート鯖でキャラを作ろうと考えていた方は注意が必要です。

Posted on 2017/05/20 Sat. 00:00 [edit]

category: FFXIV

TB: 0    CM: 6

20